上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
なんか、実感わかないですよね


今の科学は一体どこまで進んでるんですか


 宇宙航空研究開発機構は10日、月探査衛星「かぐや」の2基ある子機のうち、リレー衛星「おきな」が日本時間12日夜に月の裏側に落下するとの見通しを明らかにした。おきなはかぐや打ち上げから約1カ月後の2007年10月に親機から分離され、親機と連携して月の裏側の重力分布を世界で初めて直接観測した。 おきなは八角柱形で、重さ約50キロ。当初は月面から高度100-2400キロの細長い楕円(だえん)軌道を周回していたが、月面に近い方の高度が徐々に低下し、最終的に月面の高地に衝突して壊れる見込みとなった。 宇宙機構によると、かぐや同様に月を周回中の中国の探査衛星「嫦娥」やインドの同「チャンドラヤーン1号」に衝突を観測してもらう予定はない。おきなは小さいため、かぐや親機で落下後の機体を撮影できるかは分からないという。 【関連ニュース】 ・ 〔宇宙の写真〕「かぐや」の観測を基に作成された月面地形図 〔ニュース解説〕人工衛星「いぶき」「まいど1号」打ち上げ成功 〔用語解説〕「かぐや」 月に「永久日照地域」なかった=探査機かぐやで解明 打ち上げ、11年に延期=NASAの次期火星探査機

かぐや子衛星 月の裏に落下へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000112-jij-soci


今日のラッキーキーワードは、「コロワイド 7616 」です。
|02-11|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

人気商品ピックアップ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

  • seo

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。