上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
謹んでご冥福を申し上げます

■飯島愛: 中国での知名度は「バイアグラの歌」きっかけ 日本の元タレント。中華圏でも知名度が高く、ファンも多かったとされる。生年月日は1973年8月25日とされていたが、本人が否定を示唆する発言をしたことがある。1992年にAV(アダルト・ビデオ)デビュー。その後、セクシーさを売り物にしたテレビ番組出演などで人気が出た。一方、2000年ごろからはむしろ、率直なキャラクターが魅力として、女性ファンも増えた。 2007年に芸能界を引退。腎盂炎と報道された。その後もブログを公開していたが、2008年12月24日、自宅マンションで死亡しているのが発見された。 中国語圏で知名度が高まったのは、台湾の人気歌手、周華健が李宗盛、黄品冠と歌った『最近比較煩(このごろ少し、わずらわしい)』がきっかけだった。リリースは1998年。歌詞の中に「飯島愛とのディナーを夢に見た。夢の中、レストランの照明はとても暗かった。あの青い錠剤は、探してもみつからなかった」とあり、2000年ごろから中国(大陸部)でも「飯島愛とはだれか」との関心が高まった。「青い錠剤」とはバイアグラを指すと理解されている。 インターネットの普及期でもあり、インターネットで「飯島愛」を検索することで、飯島愛の画像を中国人が目にすることになり、同時に日本での「AV」人気そのものが広く知られるようになった。しかし、中国などでは「飯島愛イコールAV女優」のイメージが定着。そのため、「常識破りの大胆発言も、性格がすなおだから」などとして人気が出た、芸能生活後半の日本の芸能界におけるキャラクターの確立は、あまり知られていない。 なお、日本在住の中国人からは「セクシーさだけが売り物ではなく、芸能生活の最後の時期のテレビ出演では、懸命に努力して勉強していることがよくわかり、好感度が増した。亡くなったのは信じられない。本当に残念」(40代・女性)といった、日本人ファンと同様な声が聞かれる。(編集担当:如月隼人)【関連記事・情報】・ 飯島愛 - サーチナ・イメージ検索・ 飯島愛さん死去、中国ではウィキペディアが「速報」 (2008/12/24)・ 生殖健康展に日本のAV女優-会場興奮・ネットで批判 (2008/07/22)・ 広州・性文化祭、来場者鈴なり「撮影禁止」なんのその (2008/11/10)・ 社会>文化・科学>文化・芸術 - サーチナトピックス

飯島愛~中華圏でのイメージは日本国内の評価とギャップ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081224-00000096-scn-cn


今日のラッキーキーワードは、「読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ 小学」です。
|12-27|未分類コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

人気商品ピックアップ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

  • seo

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。